白ワイン おすすめ 国

白ワインおすすめ人気ランキング 生粋のワイン・ラヴァー達が3000円以内のワインから選ぶ人気白ワインランキング、そしてタイプ別のおすすめワインランキングを大公開!一目で解る、今あなたに一番おすすめの白ワインです。 楽天ランキング-「白ワイン」×産地(国指定):チリ(ワイン < ビール・洋酒)の人気商品ランキング!口コミ(レビュー)も多数。今、売れている商品はコレ!話題の最新トレンドをリアルタイムにチェック。年代別、男女別の週間・月間ランキングであなたの欲しい! 安くて美味しいワインおすすめランキング top10 ... ピーチやアプリコット、新鮮なパッションフルーツのアロマやオレンジの花の香りが漂う白ワイン。 ... クリスピーな酸が爽快感を与えてくれる爽やかな白ワインです。 原産国: プレゼントやパーティ用のワイン選びの際『センス良いね~!!』と褒められたくはありませんか? 今回は3,000円前後でワイン選びのセンスが輝く!! 『ちょっとツウな厳選おすすめ白ワイン10選!!』をご紹介します。 極甘口か … あと ドイツは世界的に珍しい、白ワインの生産が多い国です。糖度が高い貴腐ワインや遅摘みのブドウによる甘口で高級な白ワインの格付けが高く、今もその生産地としてのイメージが高いです。 ワインが美味しいと有名な国やおすすめのワインの銘柄について紹介しています。また、日本産のおすすめワインについてやワインの選び方なども記載しており、ぜひ参考にして下さい。 白ワインの聖地・ドイツ. シャルドネは「白ブドウの女王」とも称される、フランスのブルゴーニュ地方が原産の白ワイン用のブドウ品種です。 環境への適応性が高いため、ブルゴーニュをはじめ南北アメリカやオーストラリアなど、冷涼な地域から温暖な地域まで、世界各地で栽培されています。 品種固有の特徴が少ない分、シャルドネは栽培された土地の気候や醸造方法を反映しやすい品種です。そのため、同じシャルドネのワインであっても、育った … さまざまな料理にマッチすることから人気の高い辛口の白ワインをより楽しむために、味の違いや、選び方などをご紹介します。また、数ある中からおすすめの辛口ワインを7種ピックアップしました。おいしいワインとともに楽しいひとときを過ごしましょう。 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。, 【今日のワイン】 頑張った自分へのご褒美白ワイン「ムルソー / オリヴィエ・ルフレーヴ」. ワインといっても赤ワイン・白ワイン・ロゼワイン・スパークリングなど種類が豊富。また、品種や原産国でも変わってくるため、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。今回はワインの選び方や、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。是非参考にしてみてくださいね! 白ワインの代表品種である「シャルドネ」を用いた初心者おすすめの白ワイン。 辛口白ワインですが、おすすめの理由は以下の二つ. スペインは、世界でも指折りのワイン生産国です。 量より質を求めて造り上げられたスペインワインは、現在では量も質も一流となり、世界中に流通するようになりました。 今回はそんなスペインの白ワインについて、特徴や選び方、おすすめのワイン20選までご紹介します! 白ワインの名産地である「白い土地」と呼ばれるサンセール。石灰質の土壌のため、白く見えるのがその呼び名の由来です。そんなサンセールで作られた白ワインはきりっとした辛口。柑橘の爽やかな風味が特徴です。ミネラルも豊富で、「火打石」と呼ばれる独特の ワインって難しい・・・?世の中で広く言われるワインの常識を、ワインのプロが実際に検証!毎月1つのテーマに絞って連載していきます!今回のテーマは「ワインは産地によってどう違うの??~白ワイン … 白ワインを造る葡萄品種の中でも、代表的な葡萄品種であるソーヴィニヨンブラン。 メジャー産地であるフランスとニュージーランドからそれぞれおすすめのワインをご紹介します。 目次フランス産のソーヴィニヨン・ブランシャトー モン … 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。, スペインと言うと、赤ワインのイメージが強いかもしれませんが、実はスペインの赤ワインと白ワインの生産量はほぼ半々です。, スペインで一番多く栽培されている品種も白ぶどう品種です。スペインの白ワインの多くは、土着品種で造られています。, スペインでは、白ぶどうは非発泡の白ワイン以外に、スパークリングワインのカヴァや酒精強化ワインのシェリーに使われます。, 酒精強化ワインとは、醸造過程でワインにアルコールを添加しアルコール度を高めたワインです。, 酒精強化ワインは、暑さの厳しい地域で酸化や腐敗をしないワインを求めて造られました。, リアス・バイシャスは降雨量が多い地域で、霧が発生しやすい気候です。湿度が高いため、日本と同様に棚式栽培が採用されています。, リアス・バイシャスの白ワインはアルバリーニョという品種が中心で、フレッシュで繊細な味わいです。 リアス・バイシャスのワインは「海のワイン」と言われていて、魚介類と相性が良いです。現地では、プルポ・ア・フェイラ(タコとじゃがいもにトウガラシとオリーブオイルを混ぜたもの)などと一緒に楽しまれています。, ルエダの白ワインは伝統的にベルデホという品種が中心でしたが、近年はソーヴィニヨン・ブランも栽培されています。, 現地では豆を使った料理と楽しまれています。豆を使ったサラダなどと合わせるとおいしいでしょう。, ペネデスはカタルーニャ地方の一地域です。ペネデスではスパークリングワインのカヴァが生産されていますが、非発泡の白ワインも造られています。, ペネデスではカヴァの伝統的な品種以外に、外来の白ぶどう品種(シャルドネなど)も多く栽培されています。, カタルーニャ地方はパエリアが名物なので、ペネデスのワインはパエリアと相性抜群です。, アンダルシア地方では長年酒精強化ワインのシェリーが造られてきました。シェリーには辛口と甘口があります。, スペインの代表的な品種を見てみましょう。スペインの白ぶどう品種は固有品種が多いです。, スペインで最も高貴な白ワイン品種とされています。ゴールドを帯びた色味で、香りが高く、ミネラル感と酸味の豊かな白ワインになります。, 主にルエダで栽培されています。厳しい暑さと寒さ、乾燥に強い白ぶどう品種です。フレッシュで香りが華やかでコクのある味わいの白ワインになります。, パロミノは酸、糖度ともに低めの品種で、アーモンドのような風味のある白ワインになります。, アンダルシア地方で栽培される糖度の高い白ぶどう品種で、甘口のシェリーの原料となります。, 柑橘系のさわやかな香りと、身が引き締まるような酸味のすがすがしい口当たりが特徴となっています。, 味わいは落ち着いており、自己主張がひかえめなので、スモークサーモンのサラダや鶏肉のカシューナッツ炒めなど、様々な料理と合わせることができます。, フェンネルなどハーブのニュアンスも持つため、相性がいい料理にはシーフード類が挙げられます。, 週末のささやかなごほうびや、来客などがある日にはちょっといいものを選びたいものです。, ここで紹介するのは、価格的にそういったシチュエーションにピッタリなものとなります。, キレの強い辛口で、辛さの後、ゆっくりと旨みや柔らかみが広がっていく過程がだいご味です。, 極辛口で、チャレッロ50%、マカベオ25%、パレリャーダ25%を組み合わせています。, 基本的に辛口の白ワインですが、少し供出温度をあげると、わずかに甘味を感じることもできます。, さらさらとした上品な口当たりなので、は天ぷら、生ハムなどの料理と相性がいいでしょう。, 白桃や洋梨を思い出す果実味のなかに酸味が入り、全体のバランスが絶妙なものになっています。, マデイラに似た甘口に仕上げられており、料理の味を存分に引き出す素材としてもおすすめできます。, なめらかで柔和な口当たりで、口に含むと酸味や特徴的なほろ苦さを感じることもできます。, しっかりとした辛口の味わいで、凝縮感が強いため、きわめて長く余韻を楽しむことができます。, スペインの白ワインは、通常のものだけでなくカヴァ、シェリーなど種類が豊富なのが特徴です。, リアス・バイシャスはスペイン北西部ガリシア州に属する地区です。 1年のうち約200日が雨という豊富な雨量から緑に恵, ペネデスは、スペインのカタルーニャ地方にある高級ワインの産地。スパークリングワインの, スペインの中でも、有名なワインの生産地として知られるのがリオハ(Rioja)です。 スペインでの「生産地呼称制度」, ワインには発泡性ワインと呼ばれる分類があり、所謂スパークリングワインのことを言います。 スペインでは、エスプモーソ, スペイン産のカヴァは、世界で愛されているスパークリングワインです。 フランスのシャンパーニュと同じ製法で造られている. その後銀座のクラブマネージャーを経て、J.S.A認定ソムリエ資格を取得。 コスパ最強の安旨ワインはこれ! ソムリエ厳選のおすすめ10銘柄をご紹介. スッキリとクセが少ないため、お酒が苦手な人でも飲みやすい白ワイン。キリッとしたドライな銘柄からとろりと濃厚なデザートワインなど様々な種類がありますが、素直なものが多いため、好みも分かれます。今回は種類別でおすすめ白ワインを一挙にご紹介します 白ワイン(しろワイン)もしくは白葡萄酒は、麦わら色、黄緑色、または黄金色を持つワインである 。 任意の色の皮のブドウを用い、皮を取り除いた非着色の果肉部分をアルコール発酵させることで製造される。 白ワインは少なくとも2500年前から存在している。 おすすめのドイツワインをランキング形式でご紹介してきました。赤ワインも白ワインも、甘口も辛口も奥深いドイツワインの世界。ヴィンテージやドイツ国内の異なる産地、他の国のワインとも飲み比べて、ワインを楽しみながら味わってくださいね。 エノテカ株式会社はアサヒグループです。 家飲み好きにとってデイリーワインはコスパが重要ですが、安ワインでよく聞くのは「好みじゃなかった」「悪酔いした」などちょっと悲しい失敗談。 Copyright © sakecomi.com All Rights Reserved. 爽やかでさっぱりしていて、ついつい飲みすぎてしまう白ワイン。飲みやすさが魅力のひとつですが、実は味わいが幅広く、種類がとても豊富です。 買い物に出かけても、海外の銘柄ばかりでよく分からない、という事はありませんか? 結局、飲み慣れているいつも 樽を効かせている(樽で7~9か月熟成) ハチミツのような甘い香りがす … 10,000円(税別)で送料無料, 美味しいワインを選ぶためには、まず自分の好みを知っておくことが大事ですよね。しかし、どういうワインが好きなのか、はっきり「コレ!」だと言える人はあまり多くないのではないでしょうか?, そんなときに、ワインの国別の特徴を少しでも知っていたら、う~んと悩む時間がぐっと減るかもしれませんよ。, いまやワインは世界中で造られていますが、その中でも「旧世界」と呼ばれているフランスをはじめとしたヨーロッパの銘醸地について、国ごとの特徴をご紹介したいと思います。, フランスは、北部のノルマンディ地方やフランドル地方を除くほぼ全土でブドウが生産されています。それぞれの気候や土壌に最適なブドウ品種を伝統的な方法で栽培しており、ワインを造る際も伝統的な醸造法で造っています。それゆえに、地方の特徴を持った素晴らしいスティルワイン、スパークリングワイン、フォーティファイドワインなど多くの種類のワインが生み出されています。, ワインの産地では、2大銘醸地であるボルドーとブルゴーニュ、それに加えてシャンパーニュを思い浮かべる人が多いはず。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなどタンニンの多い品種を使い、重厚な赤ワインを生み出すボルドーや、ベルベットや絹のような口触りの滑らかで繊細なピノ・ノワールを原料としたワインを造るブルゴーニュは日本でも多くの人に愛されています。, 一方で、繊細でクリーミィな泡で魅了させるシャンパーニュは、お祝いごとの席などでも好まれ日本は世界トップクラスの輸入量を誇っています。どれも他の国の同ジャンルのワインに比べ、風味に厚みがあったり、舌触りが非常に滑らかだったりと、突出した特徴があります。, トップカテゴリのワインにはテロワールに基づいた原産地呼称統制法(A.O.C.)が徹底されており、それぞれの土地で使用可能な品種や製造法などが決められているからこそ味わいや風味にブレがありません。引き締まり贅肉のないボディ、上品な酸、心地よいタンニンなどが特徴的ですが、あまり飲みなれていない人にとっては特徴や癖が舌に馴染みづらいものも多いかもしれません。, しかし、ワインに感動したという多くの人がフランスワインによって開眼させられたという話も。ボルドーならシャトーごと、ブルゴーニュなら畑ごと、シャンパーニュなら村ごとの格付けがあり上位のワインはもちろん驚くほど美味しいことも。近年、南部のラングドック・ルーション地方や南西地方の安価でカジュアルなワインも手に入りやすくなり、テーブルの気軽なお供として多く飲まれています。, 全20州でワインが造られているイタリアでは、ヨーロッパ系の代表品種に加えてイタリアのみで造られている土着品種が多く、その味わいのファンも多いようです。, 気候は温暖で日照時間も長いことからブドウが完熟しやすく、ブドウが育つ生育期にほとんど雨が降らないために病気に侵されることも少なく、湿気を嫌うブドウにとっても最適な環境です。, ストレスの少ない土地で造られているせいか、イタリアワインの味わいはとても活き活きとしています。, 白ワインは、さらりと飲みやすいトレッビアーノを使用したカジュアルなワインから、人気の高いスプマンテ(スパークリングワイン)のプロセッコ、高級スプマンテでありシャルドネやピノ・ノワールなどを使用したフランチャコルタなどがあります。, 赤ワインでは人気が再燃している赤いスプマンテであるランブルスコ、そして北部ピエモンテで造られており「ワインの王」とまで呼ばれるバローロやバルバレスコ、トスカーナのスーパー・タスカンであるサッシカイア、イタリアで最も力強いと言われる南部のタウラージなど、こってりとした肉料理に合いそうなワインの人気が高いようです。, マニアックなワインも多く、イタリア半島西部に浮かぶシチリア島では東部にある活火山のエトナ火山近辺に畑があり、そこで造られた飲みやすいコクと少し特徴的なミネラルを含んだワインは根強いファンを獲得しています。, スペインは、ブドウの栽培面積がEU圏内にある全ブドウ畑の約30%にあたり、栽培面積は世界1位、ワイン生産量はフランス、イタリアに次ぐ世界第3位(2016年)というワイン大国です。, リオハやプリオラトといった産地は特選原産地呼称に認定されて高級ワインを産出していますが、日本で特に人気なのは北東部にあるペネデスを中心に生み出されているエスプモーソ(スパークリングワイン)のカバ(Cava)です。, カバはシャンパンと同じく瓶内二次発酵で造られているためにクリーミィな泡を含み、土着品種に加えて伝統品種も使用されて丁寧に造られています。シャンパンに比べて爽やかでスイスイと飲めてしまう軽快さが売りで、チャレッロという花の風味が特徴的な品種を使用したものは、特徴的なこともありカバファンから支持が高いようです。また、シャルドネやピノ・ノワールのみを使用したCavaもあり、スパークリングワインが好きなワインファンからはデイリー用のワインとして選ばれています。, カバはスペインのワイン法によってD.O.Cavaというカテゴリに含まれていますが、近年、高級な品質に自信を持つ造り手が呼称を自ら解除したことや、D.O.Penedésに「Clàssic Penedés」(クラシック・ペネデス)という100%オーガニックで造られているものが登場しました。, さらに、選び抜かれた12の畑のうちの1つの畑のみから造られて最低熟成期間が36カ月というカバのグラン・レゼルバ以上に相当する「vino de paraje calificado」(ヴィノ・デ・パラへ・カリフィカード)という特級クラスのカバも登場し、スタンダードなCavaとの差別化をはかる生産者が増えてきている傾向にあります。, 他にも世界3大フォーティファイド・ワインに含まれるシェリー酒が南部で造られており、アルコール度数が10度台後半であることから少しインパクトの強い食前酒として飲まれることも。味わいは少し濃いめの白ワインのようで、アーモンドの香りがあるもの、塩気が特徴的なもの、深いコクが感じられるものまで様々。甘いものから辛いものまであるために、自分好みのものを探しやすいですよ。, ドイツは世界的に珍しい、白ワインの生産が多い国です。糖度が高い貴腐ワインや遅摘みのブドウによる甘口で高級な白ワインの格付けが高く、今もその生産地としてのイメージが高いです。しかし近年は辛口の白ワインが生産の主体となり、赤ワインの生産も約3割と健闘しています。, そんなドイツを象徴する品種と言えばリースリングです。バランスが良いフレッシュで華やかな果実味を感じさせる辛口ワインから、濃厚で食後酒としても好まれる貴腐ワインまで様々な姿に変身します。熟成させるとペトロール香と呼ばれる、石油やガソリンのような独特の香りがわずかに発生しますが、これがワインに何とも言えない奥深さを添えて他にはない味わいを生み出すのです。, 産地で特徴的なのは、川近くにある急斜面の畑です。ドイツは北緯の高い位置にあるために平均気温が低く、ブドウにとって厳しい気候です。しかし、北部では川近くの急斜面にブドウ畑があり、太陽光が水面によって照り返しされることによって昼も夜も安定した気温が保たれています。このことにより霧が立ち上ってもブドウが脅かされることは少なくなります。急斜面ゆえに転落事故と隣合わせの収穫作業になりますが、そこで生まれたワインは生産者の努力が滲む素晴らしいワインになります。, ドイツには個性的なワインが多くあり、「聖母の乳」という名前を持つ甘口の白ワインのリープフライミルヒや上級スパークリングワインであるゼクト、ぽっこりとした扁平型のボックスボイテルという瓶を使用したフランケンの辛口ワイン、糖度の格付けではなく畑での格付けを実施したV.D.P.(ファウ・デー・ペー)の高級ワインなど、探せば探すほどドイツの魅力を感じずにはいられません。, どの国でも素晴らしいワインを生産していますが、それぞれ土地やワインの種類、製造法などに独自の個性があります。, それを踏まえつつ自分の好みのワインを探していくのは、とてもおもしろいのではないでしょうか。味わいや風味だけでなく、ワイン造りの背景や文化に着目して興味を持ったら、実際にそのワインを飲んでみることを強くお勧めします。, なぜなら、ワインとの出会いのきっかけはふとしたところにあり、そこからどんなふうに広がっていくかは予測不可能だからです。ぜひ、気になった国のワインをチェックしてみてくださいね。, 全国60店舗以上!ワイン専門店「エノテカ」の編集部。スタッフやライターの方々と、知っていると得する基礎知識からエノテカならではのディープな情報まで、ワインにまつわる情報を様々なテーマで発信していきます。, 飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。. 高コスパで大容量!さらに鮮度も長持ちしやすく美味しいものも多いといういいことづくしの箱ワイン。ワインを毎日飲む方にはもちろんのこと、ホームパーティなんかでも大活躍しますよね。そんな箱ワインのおすすめランキングを本日はご紹介します。 渋みがないので飲みやすく、爽やかな味わいが楽しめる「白ワイン」。甘口はブドウ本来の甘さが楽しめ、辛口はすっきりとドライな喉越しが特徴です。今回は白ワインの選び方のポイントを解説し、甘口と辛口のおすすめ製品を価格別にご紹介します。 楽天ランキング-「白ワイン」×産地(国指定):ドイツ(ワイン < ビール・洋酒)の人気商品ランキング!口コミ(レビュー)も多数。今、売れている商品はコレ!話題の最新トレンドをリアルタイムにチェック。年代別、男女別の週間・月間ランキングであなたの欲しい! 一口に白ワインと言っても、甘口や辛口、そしてイタリアやフランス産など本当に種類が豊富なのが現状です。ここでは、あまり白ワインに詳しくない人でも、おいしい白ワインを選ぶ時の3つのポイントと、おすすめの白ワインを16本お届けしていきます。 「白ワインの女王」と称されるシャルドネの特徴と、3,000円台までで定番人気のおすすめ銘柄をご紹介しています。誰からも愛されるシャルドネの魅力がまるわかり!普段飲みにもおすすめのワインです。ぜひご覧ください。 量より質を求めて造り上げられたスペインワインは、現在では量も質も一流となり、世界中に流通するようになりました。, 今回はそんなスペインの白ワインについて、特徴や選び方、おすすめのワイン20選までご紹介します!, 歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 今、日本ワインは世界からの人気を集めています。そんな日本ワインについて、まずは日本人自らが知っておきたいところです。自国で作られることもあり、リーズナブルなものも多いです。ここでは、日本ワインの人気ランキングと、基本的な選び方を紹介していきます。 By: rakuten.co.jp ドイツは世界最北のワイン生産地。たっぷりの日光を浴びて短期間で熟す南方のぶどうに比べて、比較的短い日照時間でゆっくり熟成するため、デリケートで上品な甘みが感じられます。 なかでも、リースリングの白ワインは、フルーティーな味わいと豊かな香りが楽しめることで人気です。また、南部で生産されるシュペートブルグンダーというぶどう品種の質が向上したことにより、赤ワインの人気も上昇して … 白ワインの話をする前に、まずは確認です。 あなたは白ワインと赤ワインの違いをしっかり説明できますか? 「美味しいワイン」では、過去何回も白ワインと赤ワインの違いについて取り上げてきましたが、ここでもおさらいしておきましょう。 赤ワインとは、ブドウを皮や種も一緒に発酵させたもの。 白ワインとは、ブドウの皮や種を先に取り除き、果汁だけを発酵させたものです。 赤ワインは黒っぽい色をしている「黒ブドウ」を使ってつくられるのですが、その製造の過程で「皮」を使うので、黒ブド … ブドウができる国であれば、どこでもワインを造っています。だから、本当にたくさんのワインが造られているのです。あまりにも多くて、覚えきれませんよね。まずは大雑把に国別の特徴を抑えてみると、すべてを覚えていなくてもおよその検討がつくのではないでしょうか。 [アデガマイン]ピンタ ネグラ ブランコ 2018年 白 生産年:2018年 生産社(者):アデガマイン 生産国:ポルトガル、リスボン 種類:白ワイン 葡萄品種:フェルナン・ピレス 60%、アリント 40% サイズ:750ml 味わい:辛口 合わせる料理:白身魚のてんぷら 家飲み応援!1000円台の手ごろで旨い白ワインをご紹介します。ともかくおすすめを知りたい初心者大歓迎!【ワインブログ 趣味のワイン】自慢したくなるワインの豆知識を。ソムリエ片山が語ります。 Copyright© 1998-ENOTECA CO., LTD. All right reserved.

おづまり こ 大学, カープ 新外国人 2020, サングラス ブルーライト 紫外線, 24時間 ラーメン 埼玉, 白ワイン おすすめ スーパー, スタバ バイト 顔, ライオネル 名前 意味, カープ 背番号 歴代 18, ぷよクエ ワイルドさん50 ぷよp, 関西大学 忌引き 手続き, 美容院 プリン カットだけ, ホットケーキミックス レシピ 人気 クックパッド,

Follow me!