ラピッド光電話 サービス開始後、発生した障害の一覧です。

 

障害日時 発生:2016 年 7 月 6 日(水)15:16 復旧:2016 年7 月6 日(水)15:22

ラピッド光電話サービス不具合報告(最終版)

障害状況 ラピッド光電話サービス の発着信不可。

時系列対応

15:16 監視システムにて、マスターのPBX サーバーで、高い負荷のアラームを検知。

15:17 自動切替により、セカンダリーのPBX サーバーへ切替。

切替された影響で、このPBX サーバーに収容されている

お客様の発着信が不可となる。

15:18 セカンダリーのPBX サーバーの起動が完了し

正常稼働状態にサーバー復旧。

15:22 お客様利用端末の再レジストリー完了により、

お客様事務所内の利用が復旧。

 

障害の原因 SIP アタック攻撃により、サーバー機能に影響を与え、

自動サーバー切替機能が作動しました。

 

対策 障害対応並びに対策 セキュリティシステムの再設計を行います。

 

本障害により貴社に多大なご迷惑をお掛け致し、誠に申訳ございませんでした。

 

今後、同様の障害発生に至らぬよう、対策を講じて参りますので、

引続きご愛顧賜りますよう

 

何卒、宜しくお願い申し上げます。    株式会社ラピッドテレコム 03-3378-7886

 

 

 

 障害日時 発生:2015 年 1 月 16 日(金)11:40 復旧:2015年1月16 日(金)13:52

 

障害日時 発生:2015 年 1 月 16 日(金)11:40 復旧:2015年1月16 日(金)13:52

 

障害状況 エリア【area】電話サービス の発着信不可。

 

時系列対応

11:40 監視システムにて、複数ある呼処理サーバーの一部サーバーのアラームを検知。

11:51 該当サーバーを稼動系から待機系へ切替実施。一時的に復旧するも、再度不安定

な状態となる。

11:52 別の呼処理サーバーにおいてもアラームを検知。その後不安定な状態となる。

12:05 該当お客様番号の転送を行う。該当サーバーの再起動を行い、一時的復旧を確認

するも、その後再度不安定な状態となる。

13:12 該当不具合呼処理サーバーの再インストールを行う。

13:26 不具合要因と思われる箇所が判明。

13:52 上記箇所への対処を行い、該当不具合呼処理サーバーの復旧及び正常発着信動

作を確認。

15:25 お客様番号転送解除完了。

 

障害の原因 システム内 CDR(呼詳細記録)部の設定が、昨今の呼量増加に対し 適な値となっておらず、一部呼処理サーバー機能に影響を与え、発着信不可事象が発生いたしました。

障害対応並びに対策 CDR 部の設定を、1月17日深夜に現状呼量に即した値に変更をいたしました。また他部設定値に関しましても同様に確認を行い、問題がない事を確認いたしました。

 

 

対策

今後の対応といたしましては、呼量増加による高負荷時に、システムに影響を与える事がな

いよう、CDR システムの再設計を行います。

本障害により貴社に多大なご迷惑をお掛け致し、誠に申訳ございませんでした。

 

今後、同様の障害発生に至らぬよう、対策を講じて参りますので、引続きご愛顧賜りますよう

何卒、宜しくお願い申し上げます。 以上