回線側でIVR(音声応答)を受け持つという発想

ラピッド光電話は、IVR機能を回線側でもってます。

普通は機械を買ったりしますが、それが不要です。

 

 

「こちらは、ラピッドテレコムです。

応対品質向上のため、電話を録音させていただいております。

御用件に応じて担当者につなぎますので、

番号を選択してください。

~の方は1番を・・・」

 

の様な事をしたい場合、相談するところを間違えますと、

高額なものを買わされたりしてしまいます。

 

ラピッド光電話なら、回線サービスの付加使用料金レベルの負担で、

簡単に実現できます。

 

要は、選択肢→選択肢→最後には、

対応できるスキルのある人に回る様にするだけです。

 

具体的には、ビジネスホンのここのボタンがなったら、

この要件で、その場合は、誰と誰の電話機を鳴らすとか、

光らせるのは全台とか。

 

選択肢→選択肢の部分は、

ラピッド光電話の回線サービス側で受け持つので、

ビジネスホンやPBXが受け持つのは、

最後の落ち先だけです。

 

ですので、何のハードやソフト的な特別なもの、

購入不要です。

 

これができるのも、ラピッド光電話が、

昔からのビジネスホンも使えるしと、

よくあるクラウドPBXと違うからです。

 

 

IVRのフリーソフト探してる方もいるかと思いますが、

いっそ、ラピッド光電話のこの機能つかっていただいた方が、

良いのではないでしょうか?

 

↓もっと高度に、Zendeskと連携させたときの図

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です