一番メジャーな電話回線の新規契約に注意が必要な事実。

 

後々、電話移転したり、回線会社を変えようとした際、

電話番号が変わってしまう可能性が高い確率で発生するのは、

あまり人気のない電話サービスを加入した人の話ではありません。

 

誰もが知っているメジャー級の、

電話サービスの新規加入が原因で、起こります。

 

NTTひかり電話などで、

新規に発番された専用番号は、そもそも他社へ移行不可な番号です。

 

ラピッド光電話なんぞなら良いとしても(笑)、
ソフトバンクやKDDIなどメジャーな回線への移行さえできません。

 

たとえば携帯電話を後に、ソフトバンクのIPHONEにしたから、

固定回線もソフトバンクにしようとしても、

番号が変わってしまいます。

 

変えてまでする方は稀でしょう。

 

場合によると、

ひかり電話のコース変更で、

個人版ひかり電話から、オフィスAへ変更しても、

電話番号が変わってしまうことさえあります。

 

 

このような番号をとってしまうと大変ですので、

加入時によく考えた方がいいですね。

 

 

すべてではありませんが、

東京であれば03-6***の様に、6で始まる局番にこれが多いです。

 

03-5*** や、

03-3***で始まる、昔ながらの局番は、

元INS64やアナログ回線ですので、

大体他社移行可能です。

 

最近では、NTT116でも、

いったんこういった番号で取得してから、

ひかり電話へ移行することも対応してくれるようになりました。

アナログ回線は、いったん現地取付までしないとなりませんが、

INS64ライトならMDFなどの開通までで止め、

その後に、番ポで移行できます。

 

この方法が後日の為に、一番お勧めです。

 

 

ラピッド光電話の場合、移転しても、

同番号を使うことができる仕組みがありますので、

回線サービス会社を変えるときだけでなく、

移転同時で、電話番号をかえないでおけます。

 

 

 

・番ポ前の回線に、電話加入権があれば、自動的に休止とないり、

名義人宛てに休止表が送られてきます。

 

NTTの休止有効期限は、5年間ですので、その間に、

処分するなどしてください。

 

期限が過ぎますと自動的に失効となります。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です