ラピッド光電話の基本的仕組みの説明

仕組みのご説明

・050IP電話がベースになっております。

通話品質は問題ありません。

 

デモでお試しいただけます。お試しいただければ、

皆様納得いただけております。

 

03番号(東京であれば)で、許可が下りているという事は、

03番号の電話サービスとして

サービス提供しても問題が無い品質があるとチェックされ、

許可されています。

 

もしそのレベルに達していない場合は、

050の番号でしか、

サービス提供が許可されません。

世間によくある050IP電話サービスは、そういったものとなります。

 

・PBX機能をクラウドのデータセンターに持たせています。

一般的な機能は、網羅されており、問題ありません。

 

 

・03番号を利用できる許可条件として、

必ずNTT東日本かNTT西日本の光回線 フレッツ光のファミリータイプか

マンションタイプを利用いただき、

当社で用意される専用ルータをお使い頂く必要があります。

この回線は、インターネット接続にもご利用いただける為、無駄がありません。

 

・他社(NTT、ソフトバンク、KDDI等)からの番号ポータビリティで、

このデータセンターに番号を持ってきます。

 

・このデータセンターへ、お客様の事務所のフレッツ光から、

専用ルータに設定されたプロバイダー(当社のもの)介し、

専用ルータ配下のIP-PBXやIP電話機等から、アクセスします。

 

・IP電話は、NTTひかり電話であっても同様ですが、

FAXの仕組みと相性が悪いものとなっております。

ラピッド光電話では、通話料金無料で、

IPネットワーク内に入る前に、

転送する事で、安心してご利用いただける仕組みが用意されています。

 

 

機能的特徴(デメリット)

・発信時には、市内宛てであっても市外局番からダイヤルが必要

例:携帯電話などと同様に、東京23区内から23区内宛てでも、

03からダイヤル

 

・かけられない相手が一部ある

例 0088や0077から始まるフリーダイヤルなど、3桁特番110番など

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です