他社との違い、FAXもそのままの番号で使えます

IP電話ですが、きちんと、FAX対応しております。

 

FAX番号だけは、移転した際に番号が変わってしまったり、

代表番号とは局番が変わってしまったりしないで済みます。

 

他社サービスで、よくあるIP電話の様に、FAX非対応ではありません。

 

よく電話代表番号と、FAX番号の局番が全く異なり、

見た目の印象が悪いのを見かけます。

 

例えば、電話代表番号が、03-3378-7886なのに、

FAX番号は、03-6276-1477など ・・・

(当社に所有電話番号を例にしました)。

 

これを名刺に並べたら、局番が揃っておらず、

見た目にもわるくなります。

 

 

何故こういった事になるかと申しますと、

その他社IP電話やクラウドPBXサービスが、

FAXに対応していないから、

FAXは別途普通に NTT回線にされてしまう為です。

 

そしてこの普通の番号は、又移転した際には、又電話番号が変わります。

 

電話代表番号が移転しても番号が変わらないと謳っているサービスに加入しても、

FAX番号は変わってしまうことになります。

 

 

こういった事が、当社のラピッド光電話ではありません。

 

FAX利用もサービスメニューに用意されており、

電話番号を変えないでFAX番号も継続利用でき、

尚且つ安定運用できる仕組みを持ち、

法人ユーザーのニーズにお応え致します。

 

IP電話という仕組み全体が、FAX通信に弱い事は事実です。

 

時折、通信エラーなどが発生し、再送の必要がでたりします。

 

これは、いままで発売されてきた、FAX機自体が、

NTTのアナログ回線の利用を

前提として、設計されている為です。

 

NTTのひかり電話でさえ、正式にはFAX非対応となっています。

 

ひかり電話対応FAX機は除くきますが、あまり多くはありません。

 

FAXの仕組みは古くからあり、「ガーピー~」という音声をやり取りし、

FAXデータ化する仕組みです。

 

すべてをデータ通信で完結する仕組みと相いれない部分があります。

時折、通信エラーなどが発生し、再送の必要が発生します。

 

当社のラピッド光電話の場合は、

クラウドFAX転送サービスという機能が用意されており、

これを利用して頂く事で、

番号そのままのFAX番号で安定したFAX通信を行うことができます。

 

 

仕組み:

オフィスには、

NTTなどの別途別番号でFAXに接続する電話番号を設置します。

 

御客様の番号を変えたくないFAX番号は、

クラウドのデータセンターに置いていただき、

この番号に着信があった際には、

FAXに接続した電話番号へクラウドから自動転送します。

 

この際の通話料金は、

一般的な転送サービスとは違い、

いくら通信しても無料に致しております。

 

使用料(400円税別)のみでご利用いただけ、

クラウドからの転送にかかる通話料金は、

御客様にご負担なく、無料でご利用いただけます。

 

この仕組みにより安定したFAX受信通信環境を提供しております。

送信に関しましては、別途電話番号からの発信となります。

 

一般的なFAXの利用方法としましては、

ナンバーディスプレイを求める方はいませんので、問題となりません。

 

上記のクラウドFAX転送サービスを利用しないで、

IP電話回線をダイレクトでFAX機を利用する方法はあります。

 

その場合、より安定利用する為に、FAX機のモードを、

スーパーG3から、G3にと低速に落とします。

 

この方法で、安定的に利用する事が出来る様になる場合があります。

 

ただし、こちらの方法は、当社では余りお勧めしておりません。

 

モードを低速にする為、連動して、

FAX送信時の通話料金が約倍かかる様になってしまう為です。

 

通信費はずっと継続的に発生するものですから、

安易な選択はしない方が良いと思います。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です