会社のオフィスの、固定電話番号・代表電話番号を取得する際に、

関する情報提供です。

 

もし当社ラピッドテレコムの

光電話サービスを導入いただかなくとも、

会社の電話を開設する時や、電話移転手続き には、

是非しっておいていただきたい事をお知らせ致します。

 

ラピッドテレコムのサービスを使わなくとも良いですので、

これだけは知っておいてください。

 

あとで自由度が無くなってしまい、

縛られることになったりしない為です。

だいたいの方は、電話を開設してしまった後に知ると、

そうなんだ~と、軽い後悔をされます。

 

でももう手遅れなので、そのまま流されてしまいます。

会社の固定電話番号の話なので、携帯電話が多くなり、

利用頻度が下がっているのは、事実ですので、

軽い後悔で済んでしまうのかも知れません。

 

でも、中小企業なら、御客様から電話がかかってる、

会社の代表電話番号は、大事だと思います。

提供電話会社の都合で、

①移転しようとしたら電話番号が変ってしまう

②回線会社を変更しようとしたら、電話番号がかわってしまう等々

③必要なときに契約内容が変更できない

④必要になったが、適切な機能が使えない

等々、困ったことが起こらない様、

予め、知識を持ってから、電話を開設していただきたいです。

 

最初の番号取得の際、

一番だめなパターンが、ギリギリになって、急いで電話番号をとらなくては

ならなくなり、いいなりで手続きしてしまう事です。

 

また時間に余裕があれば、良番をとれる可能性が高くなります。

 

手続きをする際、有効に交渉する時間があれば、

より良い番号を選択すること出来ます。

 

NTT116へ電話をすることで、手続きを開始するのですが、

良番ゲットするためには、少々コツがあります。

 

いきなりお客様で手続きしても、

「この3つの中からお選びください」と

116のオペレータに無下にされてしまうでしょう。

 

アドバイスのしようもなくなってしまわないうちに、

お早目のご相談をお願いしたいです。

 

 

前置きが長かったですが、結論をお伝えしますと、

新規で電話番号をとるなら、ご提案させていただきたい方法は、
いたってシンプルなことです。

でも確実におこなってください。

・まず、NTTのアナログ回線かINS64回線で、電話番号を取得する。

・NTT施工の際は、保安器やMDFまでの施工にしておき、
工事費用を抑える。

・その後、お目当ての電話サービスへ移行する

 

以上のことを、1手間2手間かかりますが、行っておくと、

後々、上記①②③④の困ったことになりません。

 

取得した電話番号が、色々な会社のサービスに対応できて、

対応策の選択幅が大幅に広がる為です。

 

例えば、一番メジャーなNTTひかり電話へ新規加入する際も、

この方法を行わないと、

困ったこと①②③④に、

後々遭遇することになります。