ラピッド光電話:転送設定、お困りの時は直ぐ対応します

ラピッド光電話は、ご移転の際にご採用いただく事が多いです。

 

移転しても、NTTに無理と言われても、番号を変えないで移転できるのが、

売りのサービスですので。

 

お客様の移転がつまっていて、ラピッド光電話の開通が間に合わず、

一時的に、旧住所で、NTT様のボイスワープをつかって、

転送をかけて、先にお引越しをする例が、時々あります。

 

移転を先にしてしまいますので、通信設備を外したり、電源を落として退出されます。

 

その際に、NTT様のボイスワープ設定で、注意が御座います。

 

NTTのボイスワープのモードに、主に2パターンあります。

 

無条件転送 →まったく鳴動音をさせずに、転送先に転送します

→問題なく、転送されます。移転時には、こちらのモードにしてください。

 

 

無応答時転送 →設定した秒数まで、旧状態の電話機を鳴らしてから、

応答がなければ、転送を開始します。

しばらく鳴らしてでなかったら、転送をはじめますので、

日常、便利なのでこれをつかっている方もいます。

 

→今回の移転の例では、この機能が裏目にでて、

問題が起きます。

機器の電源が入ってない、取り外されたという状態ですので、

転送を開始する前に、エラーとなります。

結果、「通信できる機器が接続されておりません」となり、

転送されません。

 

この状態で、NTT様に障害対応依頼をしても、

旧場で元の状態にお客様で戻し、

設定を変更しないと、何もできないと言われてしまいます。

 

当社でも、「それぐらいしてくれればいいのにー」とボヤキながら、

緊急出動するしかありません。

 

ラピッド光電話に移行していただいたら、

その様な、お客様が困ったとき、

電話1本で、転送サービス加入&その場で、転送設定スタート致します。

 

簡単な処理ですから、小回りよく対応いたします。

こういった点だけは、NTTさん等に勝ります。

 

たとえば、転送セットするの忘れたから、セットしてくれないか

と頼まれれば、すぐします。簡単ですので。

 

*ご本人の依頼に限ります

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です